家具選びのポイント ベッドルーム編
家具選びのポイント ベッドルーム編
ベッドルームのレイアウト ベッドルームのレイアウト

 

ポイント(1)
ゆとりをもってレイアウト
ベッドルームに必要な家具は、ベッド / ナイトテーブル / 洋服ダンス / チェスト /
ドレッサー
など。

ポイント(2)
あまりぎゅうぎゅうに押し込めると、眠りにつくとき圧迫感を感じます。
また最も無防備になる部屋ですから、災害の際家具が倒れてきたりするととても危険。
なるべくゆとりを持ってレイアウトするのが大切です。
ブルーやグリーンなど寒色系は、心を落ち着かせ深い眠りに誘う安らぎの色です。
全体をソフトな色調でまとめると、心がゆったりと安らぎリラックスすることができます。

ポイント(3)
ベッドルームのカーテンはやわらかなトーンで、おとなしめの柄を選ぶと安らげる空間が演出できます。
ベッドカバーとコーディネートすれば部屋全体の統一感、落ち着きも演出できます。
日光がどうしても気になる方は遮光カーテンにしてみてはいかがでしょう?
外光をシャットアウトすると同時に、多少の防音効果もあります。

ポイント(4)
ベットルームの灯は一日の疲れを癒し体を休める部屋ですから、明るくなり過ぎないようにやわらかな優しい光で
演出しましょう。
直接下を照らすタイプの照明(直接照明)よりも乳白色のカバー付きのもの、天井に光をバウンドさせて
照らすタイプのものを選ぶとリラックスできます。 リモコン付きも便利です。
またブラケットの間接光は雰囲気作りに一役買ってくれます。
お休み前の読書用にスタンドを。 できれば1人一灯用意したいですね。

ベッドとマットレスの選び方 ベッドとマットレスの選び方

 

まず手で押さえてみましょう。
◯全体的に張りがあるか、
スプリングの存在を感じたり
◯そこだけ沈み込んだりしないかチェック!

次に腰掛けてみましょう。
◯ 大きく沈み込んだり不安定にゆれたりしないかチェック!

実際に寝て、寝返りもうってみましょう。
◯腰が浮いてしまったり沈み込んだりしないで、自然な寝姿勢が保てるか
不快な横揺れがないか
◯ ベッドの形が崩れないか
◯ スプリングのきしみ音などがしないか
◯ 寝返りがうちやすいかなど細かくチェック!

セミダブルよりダブル
狭い部屋で2人で使う場合でも、置けるスペースがあるならダブルをおすすめします。
寝返りをうつには肩幅の2.5〜3倍のスペースが必要。
少なくとも一人70cmは確保したいので、幅約120cmのセミダブルではちょっと小さめです。
相手の寝返りの振動が伝わって安眠できないよりは、大きいベッドでゆったりお休みください。

ベッドの種類 ベッドの種類

 

◯フラットなタイプと宮付きタイプ
フラットタイプはヘッドボードが一枚の板で構成されている一般的なタイプ。
圧迫感がなく見た目にもスッキリしています。
宮付きはヘッドボードが棚になっていて、目覚し時計やめがね、
読みかけの本など置けて便利
引出し付き、照明付きのものもあります。
フットボードがついているタイプは、布団のずれ防止にもなり、
足元にチェストなどの家具を置くことが出来ます。
ヘッドボードもフットボードもないベッドは、見た目がスッキリするだけでなく
省スペースにもなります。

◯機能付きベッド
収納付きベッドは、引出しタイプや跳ね上げタイプがあります。
引出しは普段使いのものを入れておくのに便利。
跳ね上げ式は収納スペースが広く、普段あまり使わない大きなものを入れておくことが出来ます。
普段たたんでおける折りたたみベッドは、急なお客様にも対応でき、
ワンルームの一人暮らしにも便利です。
ベッドで本を読んだりテレビを見たりリラックスできるリクライニング機能付き。
体の不自由な方の寝起きをサポートする介護ベッド。 高さが変えられる昇降機能付きや、
キャスター付きで楽に移動できるベッドもあります。

| ユノメグループ | 湯目家具百貨店 本店 | ユノメ家具Z | 仙臺箪笥 | サービス | 外商部 |